アウトドア

真夏のキャンプや運動会にサンシェードは使えるか?

毎年、運動会シーズンになると

不思議とアクセスが増える記事です。

 

長い間ブログをやっていると、昔書いたことも

ほとんど忘れていますが、こうやって新たに読み返すと

キャンプもバイクも釣りも凝り性の為、

随分と散財をして家族に迷惑をかけてるなぁ~って

づくづく思いました。(笑)

 

これで今度船を買うって言ったら・・・

 

まぁ、今後の展開にを楽しみにしていて下さい。coldsweats01

 

 

<真夏のキャンプや運動会にサンシェードは使えるか?> 

 

我家には、サンシェードがふたつあります。

ひとつは、サウスフィールドのサンシェードタープテント SF6020-STT(廃盤)

 

Dsc04873

 

200cm×175cm程の広さで、カタログ表示は二人対応と書かれていますが、

なんとか大人二人、子供二人は過ごす事ができます。

ですが、やっぱり狭いですので、我家では誰かがシェード外へ押し出されます。(笑)

でも、軽量・コンパクトさが気に入ってて、運動会や公園への出番は多いですよ。

 

2008614_028

 

そして、もう一つが、コールマンのサンシェードLX(廃盤)

 

Dsc02335

 

サイズが約250×215×140(h)cmもある大型のサンシェードです。

余裕の広さで、大人が4人はゴロンと横になれます。

今年はキャンプでも使用させていただきました。

 

Dsc04616

 

さてさて、アウトドアでのサンシェードの位置づけは何でしよう。

ちょっとしたピクニックや海水浴などに手軽に持っていけて簡単に設営できるけど、

あくまでも日帰りが前提の、呼び名のとおり日除け用の簡易テントですね。

 

長年サンシェードを使ってみて、不都合な場面を二つほど感じています。

まず、サンシェードの重要な役目である日除けなんですが、

見ての通り、風通しはバツグンなのですが、太陽の動きで影も移動しますので、

日除けになるスペースが一定しないんですね。

で、このような対策が必要となります。

 

Dsc02368

 

そして、もうひとつがシートです。

シート部分は、地面に直接敷いていますので、

砂、小石、泥や水などが、四隅から容赦なく進入してきますので、

いつもシート内を掃除しなくちゃならなくて、これがけっこう煩わしいんです。

 

それでsign03 (ハイ!いつもの展開となってきました)

 

サンシェードがフルクローズできるタイプだと

この二点が改善されるかなと思いまして、

購入候補に、まあさんのブログで紹介していた、

コールマンのスクリーンサンシェードを考えていましたが、

いや、まてよ!我家は大人数だし・・・

もうちょっと大きなものがいいんじゃないかと思案中のところ・・・

 

ピンポ~ンheart04

 

はて、なんだろう?と玄関へ行って見ると・・・

 

 

Dsc04900_2

 

なんじゃぁ~これsign02        

Neta_012_cocolog_oekaki_2011_05_25_ふぅ・・ほんと疲れるわこの親父!

 

顔なじみの宅配のお兄さんが恐る恐る置いていきました。(笑)

中身を開けてみると、

 

Dsc04908

 

ノースイーグル イーグルビックフルクローズピクニックシェードでした。

 

さっそく、室内で設営してみると・・・

 

Dsc04914

 

で、でかいです。

 

サイズが、240×240×150(h)cmもあります。

コールマンのサンシェードLXが250×215×140(h)cmですので、一回り大きいですね。

中はこんなふう・・・ 

 

Dsc04913

 

四面メッシュで、もちろんフルクローズできます。

 

Dsc04915

 

ただ、下のシートは脱着式ですけど、四箇所フックで止めるだけですので、

下部の方はこんなに隙間が開きます。

これだと、小石やら砂埃が入ってきそうですが、

 

Dsc04916

 

でも、この巻いてある部分をシートの下に敷き詰めれば

泥除けになりますので大丈夫だと思います。

それより、小さなスクリーンタープとして使えそうじゃないですか。

この中にケシュアのテントが余裕で入りそうで、なかなかおもしろいです。

 

シェード内には、ランタンフックも付いていて、

 

Dsc04918

 

小物入れも左右二箇所に装備されています。

 

Dsc04919

 

まぁ、あくまでもサンシェードですので、雨に対しては無力でしょうが、

日除けには、充分の威力を発揮してくれると思います。

ここにコットを入れて寝そべるのもいいかも。

 

 

・・・というわけで釣り道具と同様、

キャンプ用品もたくさんの散財をかましてきた私です。

なんらかのご参考になれば幸いです。

 

Dsc01417

 

この娘も初キャンプに連れて行かなくっちゃねheart02

 

・・・ってこの娘は一体何女なのかパッと見では親の私も判りましぇ~んsweat01

 

   Ytbrandsitestandard

    9vbeuuovjh41izq1445701810

タチウオハンター風来坊

チャンネル登録お願い致します。

 

 

 

頑張って太刀魚を釣り上げますので

応援お願い致します。happy01   

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

                                                         

                                                     

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

釣り車中泊の装備~再掲~

熱も下がり、

体調も回復しつつあります。

 

年間100泊以上は釣り車中泊している風来坊家ですが

車中泊する為の装備を改めてご紹介致します。

三年前の記事ですが

基本的に今も変わっていません。

変わったのは娘の数が増えたくらいですね。(笑)

 

 

釣り車中泊の装備 ~2012/1/31~

 


昨年から、釣りをしながら車中泊をすることで、

アウトドアのひとつの楽しみ方を知ったわけなのですが、

それに伴い、風来坊の釣り車中泊の為の装備をご紹介したいと思います。

 

釣り車中泊をする場合、大体、夕方の5時くらいから港へ入り、

次の日の午前中までそこに居ます。

釣果によっては、連泊することもあります。

 

Dsc06773

 

夏と冬とでは、装備の量がやはり違いますね。

当然、寒い冬のほうが荷物が多くなるのは仕方ありません。

現在、フレくんに常設している装備は、

屋根裏部屋には、

 

200

 

こんなものが積み込まれています。

 

Dsc06188_2 ケシュアのテント(三人用)

20091015_025_2 電気毛布二枚

218_212 車内外テーブル

169 サンシェード3枚

 

218_232

けっこう荷物が入るでしょう。

セカンドシート下には、

 

Dsc06626 ガスプレート

Dsc06676 テーブルと椅子

 

あと寝袋ランタンなどを仕舞っていて

三列シートは畳んで、下にはキッチン用品一式

 

2010413_144

 

上に就寝マット2枚ポリタンク・ガスストーブを置いています。

 

Dsc08253

Dsc02458

 

あとは、冷蔵庫携帯トイレ、投光器、

それにブルーレイ地デジプレイヤーがあります。

サブバッテリーを二個積んでいますので、一泊だったら余裕です。

電気毛布を長時間使わなければ二泊三日の車上生活は大丈夫です。

 

Dsc00625

 

でも、九州では、そんなに寒さに対しての装備はいらないと思います。

着込んで、寝袋に入って足元にペットボトル湯たんぽを置いとけば十分快適です。

釣りの間に、食事をしたり、テレビを見たり、一杯やったりと

ほとんどキャンプのように過ごせます。

 

Dsc01224

 

Dsc01650

 

車が横づけできる波止釣りならではの楽しみ方ですね。

昨年は30泊以上しましたので、いろいろ経験して勉強になりました。

今年も去年以上に泊まって、アウトドアを楽しんでいこうと思っています。

 

Dsc05552

 

もちろん、暖かくなったら

五女と二人だけでキャンプにも行ってみたいですね。

                                                   

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

波止釣り ブログランキングへ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

車中泊やキャンプにおける一酸化炭素中毒の危険性(再掲)

ちょっと身近で事故がありましたので、

老婆心ながらこの記事を再掲させて頂きます。

事故が起こらぬよう願っています。

 

 

「車中泊やキャンプにおける一酸化炭素中毒の危険性

 

車中泊ブーム?により、

車内に寝泊りする方が多くなりました。

夏の場合は、暑さの為に、網戸等使用して

換気の面ではなにも心配しなくてもいいのですが、

 

Dsc01800

 

冬の場合は逆で、寒さの為に

車内やテント・タープ内は締め切った

いわゆる密閉状態となります。

この状態で暖を取るために、

燃焼系の暖房器具を使用すると

一酸化炭素中毒の危険性が高まります。

 

2010328_064_2

 

石油・ガスなどが燃焼すると二酸化炭素が発生しますが、

酸素の不十分な環境で燃焼すると(不完全燃焼)

一酸化炭素が発生します。

これが、車内や狭いテント・タープ内に当てはまります。

ですので、換気をして新鮮な酸素を取り入れて

不完全燃焼を防止し、一酸化炭素の発生を防ぎます。

 

2009314_024

 

一酸化炭素は、無味無臭ですので、

自覚症状があまりないうちに

体内に入り込み、全身の酸素の供給を阻害します。

意識はハッキリとしてるのに身体の自由がきかなくなり

そのまま高濃度の一酸化炭素を吸ったまま

死亡するケースが殆どです。

私は学生時代、

友人を二人一酸化炭素中毒の事故で亡くしています。

冬のキャンプの怖さは知っているつもりでも、

事故は起こります。

楽しい旅を悲惨な旅にしないように、

くれぐれも燃焼器具を使用する場合は慎重に取り扱うよう

切にお願い致します。

 

20091225_101

 

いろいろストーブなどご紹介致しましたが、老婆心ながら

注意喚起させてもらいました。

 

冬の車中泊やキャンプは、電気毛布+寝袋で

大丈夫だし、安全面から一番推奨な装備です。

また、見えない脅威から家族を守るために

警報機の取り付けもいいかも知れません。

 

ガス漏れ警報機「トライガスアラーム」

 

TrigassideTrigasalarm

プロパンガスも一酸化炭素も

その他有害ガスもこれ1台で感知・警報します。

 

                                                                                                                  

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
@にほんブログ村

たくさんの釣りブログがありますので覗いて見てくださいね。

太刀魚が釣れるまでランキングはお休みです。

また釣れだしたら応援よろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

釣り車中泊仕様(再掲)

昨日の夕方、そして今日の夕方

まったくのノーバイトで終わりました。

今度こそ終焉と言っていいでしょう。

餌釣りでなんとか一晩で1本~2本獲れるかどうかの状況になってきました。

4月下旬から釣れだした太刀魚・・・

おかげさまで200本以上も釣り上げることができ

大変満足しています。

次回はどの港で太刀魚とお会いできるのか楽しみにしています。

                                       

                       

・・・ということで、

過去記事の再掲です。

サブバッテリーの構築やバックドアテーブルの設置等

気軽にできる釣り車中泊の装備を

今度詳しくご紹介したいと思っています。

                           

「釣り車中泊仕様」

                                 

ゴールデンウィークの釣り車中泊で

装備について感じたことですが、

まずは、仮眠を取る寝床、

今回はエアマットを使わず、

ビーズクッションのみで寝てみました。

                           

カーメイト フラットマット

                  

旧型ですが、現行のマットより大きく

長さが150cmありますので十分ベット代わりになります。

                                    

201053_004

                           

結果、爆睡できました。

前回のキャンプの時は、

この上に低反発マットを敷いて使用し、

あまり寝心地が落ち着かなかったのですが、

今回は疲れもあったのでしょうが、包み込むよううな

ビーズの寝心地がとても良かったですね。

                   

就寝パターンはこのバージョン。

                            

218_048

                                     

これだと、携帯トイレも足下に置けますし、

シート倒してビーズクッションを広げるだけですので

ベット展開が早いです。

侮れませんよビーズクッション。

                        

そして、携帯トイレ

                                 

201053_035

                                      

これがあるから

釣り車中泊ができるといって過言ではありません!

わたしも大変お世話になりました(笑)

                              

食事は基本的にインスタントもので済ませますので

バックドアテーブルは、

釣り場では使い勝手は良かったです。

                                    

201053_016

                                       

混んでる時の釣り場は、

車一台分のスペースしかないですので、

(いやぁ~釣りにくいったらありゃしないですが)

邪魔にならずに景色のいい中、食事できますので

最高でしたね。

                              

201053_044_2

                                            

あと、気になった点ですが、

水タンクは20リットルサイズを使ったのですが、

釣り場で水の確保は難しいので

もっと容量の大きな物を持っていったほうが良かったです。

                                        

201053_008

                                      

けっこう手を洗ったりして使いましたので、

最後の方は足りなくなってしまいました。

                               

サブバッテリーも、

パソコンと冷蔵庫・車内電灯くらいでしたので

余裕でした。でも、連泊の場合はやはりもうひとつ

バッテリーを積んだ方がいいかもしれません。

                  

釣れた魚の冷蔵の為、冷蔵庫で氷をつくりましたけど

            

必要なかったですね(大笑)

次回の釣り車中泊では、もっと改善して

望みたいですね。

                                             

201053_062

                                                               

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
@にほんブログ村


人気ブログランキングへ

すくすく育つ六姉妹に元気のポチッをお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

風来坊から、シンプルキャンプの提案です。

この夏、小さい子どもを連れてオートキャンプをしようと考えてるお父さん、

子連れのキャンプは大変疲れます。

特に小さなお子さんは一時も目が離せないからなおさらです。

子どもの世話だけでも疲れるのに、そこに膨大なキャンプ道具を持ってくると

設営だけで疲労困憊してしまい、家族とキャンプに行くのが苦痛になってしまいます。

初めの頃、私がそうでした。

そこで、キャンプ場での時間をめいいっぱい家族と有意義に過ごし、

不必要なものを排除していって、必要最低限なものでキャンプを楽しもうという

シンプルキャンプをご提案したいと思います。

                                    

我家のキャンプの時の荷物は、

                                                           

Dsc06151

                                                           

これくらいです。

ワンボックスカーは車内が広いからキャンプ向きですね。

これにヒッチカーゴを付ければ車内は広々使えます。

                                                         

Dsc06160

                                                     

ヒッチカーゴに乗せているRVBOXの中には、

ランタンや食器類やこまごまとした道具を入れています。

                                             

テントはケシュアのワンタッチテント。

                                                     

Dsc06449

                                                        

設営と呼ばれないほど、あっという間に寝床ができちゃいます。

小さな子ども三人は余裕の広さです。

                                                    

Dsc06451

                                                       

普通サイズのエアマット三個持っていけばいいです。

タープはいりません。

オートキャンプですので、暑い時も、雨が降ったときも車に居ればいいです。

                                                        

Dsc06005

                                                   

テーブルもいりません。

キャンプ場の備え付けのテーブルを使えば済むことです。

雨が降ったら、テントに中か、車内で食べましょう。

                                                         

Dsc06105

                                                       

調理器具は、シングルバーナーに、

                                                          

Dsc06262

                                                    

ホットプレート一つあれば、

凝った料理をしなければなんとかなります。(笑)

                                                     

Dsc05993

                                                               

我家の場合は、ほぼこの装備でキャンプします。

ヒッチカーゴのRVBOX以外はすべてフレンディーの車内に

釣り車中泊用に常備積み込んでいますので

いざ、キャンプの時も手間がかかりません。

                                 

これに遊び道具の自転車・焚き火台や、

まったり用のイス&テーブルに、夏の必需品の扇風機が加わります。

                                                   

Dsc05997

                                                        

そして、究極のシンプルキャンプで、

                                                         

Dsc06051

                                                     

テントもタープもな~んも設営しなくて、食事は地元の美味しいものを食べに行って

車内ですべて完結してしまう車中泊キャンプです。

普通のワンボックスカーならそんなに窮屈感はないと思います。

                                  

それから、お父さんの必需品の・・・

                                                         

Dsc06401

                                                  

キンキンに冷えたビールと、

お子様の必需品の・・・

                                                     

Dsc05951

                                                          

キンキンに冷えたアイスがご用達できるエンゲル冷蔵庫があれば

夏のキャンプはパラダイスになる

                            

                                 

                                              

・・・と思います。(笑)

                                                         

まぁ、シンプルキャンプと聞こえはいいですが、

結局、ただの

手抜きキャンプなだけです。bleah

                            

でも、この肩の荷が抜けたキャンプが

我家には大変心地いいのですよ。

                                  

もうすぐ夏休み、今年もどっぷり手抜きでいきましよう!!

                                                                                                      

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

親父!!子育て頑張れとお思いのお方はポチッと応援お願い致します。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

気分だけのキャンプって、それもいいじゃあーりませんか!!

                                           

                                

やっぱ、キャンプっていいですねぇ~note

                                     

Dsc09423

                                                        

と、いう訳でケシュアのテントの中にいるのですけど・・・

                                              

実は・・・

                     

                 

                   

                    

                                               

                      

                          

                                  

Dsc09455

                                    

こんなことでございました。coldsweats01

    

急に休みが取れたとしても、

当然ながらどこもキャンプ場は空いてなく 

いろいろ考えた末、いつもの植物公園での

気分だけのキャンプということになりました。 

                                                    

Dsc09428

                                             

ホンと急だったので、準備もままならず、

とりあえず、フレンディーに常設しているものだけで出かけました。

                                                        

風が強く肌寒い日だったので、こんなときテントがあると助かりますね。

ケシュアのポップアップテントは、二人用のものを持参したのですが、

三人用より一回り小さいので持ち運びが苦になりません。

もちろん、設営・撤収もパッと出来ちゃいます。

                                                       

Dsc09414

                                                     

今回長女は、GW開けにテストがある為にお家でお留守番です。

気分はキャンプということで、焼き肉でもして浸りたかったのですが、

場所がら、火気厳禁な所ですので、

テントの中で6人入ってお弁当を頂きました。

                                                  

Dsc09433

                                    

ケシュアのテントの中は、狭いながらも、充分にくつろげる空間でした。

四人家族なら余裕の空間でテントの中でくつろげますよ。

                                                        

Dsc09435_2

                                                     

五女もオネェちゃん達に負けずに、

自分の食扶ちを確保してました。

                                                    

Dsc09442

                                                  

昼食後は、娘たちは勝手気ままに遊びまわり、

                                                   

Dsc09412

                                       

オネェちゃん達についていけない五女は、

哀愁の眼差しで私に訴えるのです・・・

                                                 

Dsc09419

                                                 

結局、置いてけぼりの五女は、

ひとり寂しくテントの中でフテ寝する次第でありました。

                                               

Dsc09449

                                                                                                    

まぁ、もうひとりも一緒に思いっきり爆睡してましたけどネ。(笑)

                                             

午後からは、ちょっと暖かくなり、

遊びまわったこやつらは・・・

                                                    

Dsc09465

                                                        

かき氷で一服です。(笑)

もうこんな季節になったのですねぇ~ sun

                                                   

こんなもんで、急遽キャンプ気分を味わいました。

これはこれで気軽に楽しめましたのでいいとしましょう。

                               

次回はちゃんとキャンプ場でキャンプできるよう計画を練りたいと思います。

みなさま、ゴールデンウィーク、ご苦労様でした。

                                                    

Dsc09466

             

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お父さん、大変やねぇ~と思われるお方はポチっとお願い致します

| | コメント (6) | トラックバック (1)
|

やっぱキャンプはいいですねぇ~

今年のゴールデンウィークは、

仕事でどこへも行けない状態だったのですが・・・・              

                      

                   

                    

                     

                    

                         

                              

                            

                         

                                           

                                               

                

                                 

                                 

                               

Dsc09423

                                         

うぉぉぉぉぉぉーーーーーー

キャンプしてるじゃあーりませんか!!

                                                       

詳細は後日ということで、疲労困憊でもう寝ます・・・

                                                                                                                                                              

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お父さん、大変やねぇ~と思われるお方はポチっとお願い致します

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

今年のGWは・・・

今年のGWはどうしようかなと考えています。

昨年は、五女が生まれたばかりでしたので、

                                                    

Dsc04414

                                                   

無難な、ケビンでの手抜きキャンプとなりましたが、

ケシュアのテントのためし張りや、

                                                     

Dsc04433

Dsc04469

(いやぁ~一年で五女はすっかりと成長しました。)

                                                       

焚き火でのマシュマロ焼きや、

                                                  

Dsc04511

                                                     

三女の自転車初乗りなどで楽しく過ごせました。

                                                        

Dsc04574

                                                    

また、初体験のピザ窯での料理に感動した次第であります。

                                                        

Dsc04584

                              

さて、今年はどうしたものか・・・

もう長女の受験は終ったし、五女もすっかり大きくなったし、

                                               

Dsc04473  → Dsc09292

                      

思う存分みんなでキャンプを謳歌できると思ってたのですが・・・

                                     

ひとり体調不良??な人がいますので、思案中です。

                                                     

Dsc04478_2

                           

・・・て、いまから予約が取れるのか!!

                                       

ってのが一番の問題でございます。sweat01

                                              

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

風来坊パパに応援ポチお願い致します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

釣り車中泊の装備。

昨年から、釣りをしながら車中泊をすることで、

アウトドアのひとつの楽しみ方を知ったわけなのですが、

それに伴い、風来坊の釣り車中泊の為の装備をご紹介したいと思います。

                                                    

釣り車中泊をする場合、大体、夕方の5時くらいから港へ入り、

次の日の午前中までそこに居ます。

釣果によっては、連泊することもあります。

                                                                                                

Dsc06773

                                              

夏と冬とでは、装備の量がやはり違いますね。

当然、寒い冬のほうが荷物が多くなるのは仕方ありません。

現在、フレくんに常設している装備は、

屋根裏部屋には、

                                                     

200

                                                 

こんなものが積み込まれています。

                                                       

Dsc06188_2 ケシュアのテント(三人用)

20091015_025_2 電気毛布二枚

218_212 車内外テーブル

169 サンシェード3枚

                                                       

218_232

けっこう荷物が入るでしょう。

セカンドシート下には、

                                                 

Dsc06626 ガスプレート

Dsc06676 テーブルと椅子

                                        

あと寝袋ランタンなどを仕舞っていて

三列シートは畳んで、下にはキッチン用品一式

                                             

2010413_144

                                                    

上に就寝マット2枚ポリタンク・ガスストーブを置いています。

                                                     

Dsc08253

Dsc02458

                                                            

あとは、冷蔵庫携帯トイレ、投光器、

それにブルーレイ地デジプレイヤーがあります。

サブバッテリーを二個積んでいますので、一泊だったら余裕です。

電気毛布を長時間使わなければ二泊三日の車上生活は大丈夫です。

                                                        

Dsc00625

                                                    

でも、九州では、そんなに寒さに対しての装備はいらないと思います。

着込んで、寝袋に入って足元にペットボトル湯たんぽを置いとけば十分快適です。

釣りの間に、食事をしたり、テレビを見たり、一杯やったりと

ほとんどキャンプのように過ごせます。

                                                  

Dsc01224

                                               

Dsc01650

                                              

車が横づけできる波止釣りならではの楽しみ方ですね。

昨年は30泊以上しましたので、いろいろ経験して勉強になりました。

今年も去年以上に泊まって、アウトドアを楽しんでいこうと思っています。

                                                       

Dsc05552

                                                 

もちろん、暖かくなったら

五女と二人だけでキャンプにも行ってみたいですね。

                                    

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

風来坊パパに応援ポチお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年も行きます! 車中泊キャンプの旅。

我家の娘たちは、車中泊のベテランです。

昨年は、20泊以上も車の中で寝泊りしています。

私自身も30泊以上はしていて、

キャンプ場でのキャンプにいく回数は減りましたが、

泊まった日数は過去最大のアウトドア生活となりました。

                                                     

Dsc04168

                                         

車内では、サブバッテリーを二個積んでいますので

余裕で電気を使え、もちろん携帯トイレもありますから

何不自由なく過ごす事ができます。

                                                    

Dsc04138

                                                         

港でこんな風にテーブルを出して、

                                                   

Dsc01656

                                                     

一晩中、海を見ながら過ごすのは大変心が潤います。

食事等は、そこは、港はキャンプ場ではありませんので、節度有る態度で

なるべくゴミを出さないように、持込の弁当で済ますか、

インスタントでまかなっています。

                                                   

Dsc04024

Dsc01704

                                                 

近所の港で、手軽にちょっとしたキャンプ気分を味わえ、

そして、魚が釣れればもう最高です。

もちろん、使わせて頂いてますので、帰る際はきちんと掃除して、

ゴミひとつ残さず撤収することを肝に免じています。

                                       

今年も、春休みから娘達と車中泊キャンプの旅を始めたいと思います。

キャンプ場以外のキャンプ(野宿)はいろいろと制約がありますが、

不便さを楽しみながら、ちょっと深みのあるアウトドアを楽しんでいきたいと思います。

                                                        

Dsc05662

                                                     

もし、どこかの街でこのあん・ぽん・たんの三姉妹を見かけましたら

気軽に声をかけて下さいね。happy01

                        

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

風来坊パパに応援ポチお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|