« 誹謗中傷の果ては・・・ | トップページ | 承認欲求 »

水難事後

今日のお題は「水難事故」です。

 

昔書いたことがある重苦しいお話ですが、

20代の頃、会社の20歳くらい離れた先輩と釣りに行った時の出来事です。

その頃、船釣りばかり行ってました。

豊後水道の方へイカ釣り船に乗っていつも船酔いしながらイカを釣っていました。

ある日、乗合船に空きが出来たからと、先輩から誘われて

台風が来てたので行きたくないなぁ~と思ってたのですが

先輩の誘いには逆らえませんので泣く泣く出かけていきました。

あの頃はライフジャケットとか着ている釣り人は殆どいなかったですね。

船長も着てなかったです。

港に着いたら、風も強く波も立ってたので、こりゃぁ無理だよなと思ったのですが

先輩は行くぞ行くぞと船長をけしかけていたのですが

やっぱり無理だということでその日は中止になりました。

それじゃぁ明後日に行こうという話になって

再び訪れた日は、台風一過で風もなく波もなくて絶好の釣り日和でした。

港を出発した船は、豊後水道の豊予海峡近くまで行ったんじゃないですかね、

かなり時間がかかりましたから。

棚場に着いたのはいいのですが、やはり台風の影響でうねりが凄く

ものの30分もたたないうちに船酔いして

胃の中のものは全て掃き出し、地獄の苦しみをこの時味わいました。

船室で横になって起き上がれない状態の中、先輩はケロリとして

船首にドカッと座りイカを釣っている姿を船室の小窓から眺めていました。

何時間立ったのだろうか、ふと目覚めて窓を見ると

先輩がいない・・・

どこか場所を変えて釣ってんだろうと思ってたら

船長が、あんたんとこの連れは?

いや、知らないですけどどこかで釣ってるんじゃないですか。

そう言って船中探したけどいません。

とにかく、船酔いがひどくてそれどころではなかったです。

落ちたんやないか

とりあえずすぐに海上保安船が来たのでしょうね。

私は意識が朦朧として記憶があいまいでよく覚えていません。

 

後から聞いた話ですが、船首で釣ってた先輩は大きなうねりで

船から投げ飛ばされて海に落ちたとのことです。

救命具は着てなかったからそのまま溺れて2日後かな溺死体で発見されました。

新聞にも載りました。

あの時、救命具を着けてたら、私が船酔いせず起きてたら助かっていたかもと思うと

私は現実感がないまま、この事実を受け入れられなくて

このことがトラウマになり長い間釣りが出来なくなりました。

 

だから今でもどんなところでもライフジャケットは着るし

娘らには必ず着せてます。

身近な人が水難事故にあうとホンとこたえます。

私はそれ以外、船に乗るのが怖くて乗れなくなりました。

もう30年以上前の出来事ですが未だ心が痛みます。

 

港で釣りに行くと、殆どの釣り人はライフジャケットを着ていません。

こんな近場の港でライフジャケットなんていらないだろう

磯とか船なら着るけど・・・

いやいや、海がある限りどこでも落ちることに変わりはないのです。

 

どうか皆様も水難事故には十分気を付けて釣りをして下さい。

後悔は一生ついてきますから。

 

 

  9vbeuuovjh41izq1445701810

タチウオハンター風来坊

 

チャンネル登録お願い致します。

 

頑張って太刀魚を釣り上げますので

応援お願い致します。

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村


波止釣りランキング

 

|

« 誹謗中傷の果ては・・・ | トップページ | 承認欲求 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 誹謗中傷の果ては・・・ | トップページ | 承認欲求 »