« 介護は共同作業! | トップページ | 待ってますよ春タチウオ!! »

春タチウオには「キビナゴルアー釣法」&「ケミホタルカラーローテーション」

春太刀魚といえば、

風来坊最強のメソッド!!「キビナゴルアー釣法」です。

そして、夏太刀魚~秋太刀魚のワインド釣法での「ケミホタルカラーローテーション」

この二つのメソッドを改めてご紹介致します。

今年はキビナゴの他ドジョウも使います。

昨年の後半のテンヤは実はキビナゴではなくドジョウを使っていました。

九州ではあまりドジョウは使わないのですが

改めてドジョウの強みを感じました。

ドジョウの特性を駆使した新しい釣り方も模索してみたいですね。

 

春太刀魚攻略の「キビナゴルアー釣法」
                                    

 

Dsc00318

                                                                                                      

「キビナゴルアー釣法」とは、読んだ字の如く、きびなごを使います。

浮き釣りでは定番のツケエなのですが、

ルアーの代わりにきびなごを針にちょん掛けして

ソフトルアーに見立てて、激しくジャークさせて狙う釣り方です。

いわゆる生エサの強みを生かし、リアクションバイトを誘って

太刀魚に口を使わせるってことです。

タックルは穂先の柔らかく感度のいいロッドを使います。

エギングロッドなどが最適ですね。

リールは2500番、PEライン0.6~0.8号にリーダー6号くらいがいいです。

リーダーに小さめのサルカンをつけて、この時期指五本サイズがきますので

状況に合わせてフロロ8号~10号を40cm以上とって

タチウオ針3号~4号、または丸セイゴ17号~18号を使用します。

 

097_3

(資料 「週刊つり太郎」http://www.turitalo.jp/)

 

喰い重視の為、ワイヤーは使いません。

昨年もワイヤーとフロロで検証してみましたが喰いが雲泥の差がありました。

ケミホタルは20~37サイズをリーダーのサルカンの前に装着します。

釣り方は、まずキャストして着水後、

きびなごの重さだけ狙いの棚までユラユラと沈めていきます。

このユラユラ感がタチウオの捕食を刺激するみたいで

ジャークでリアクションを入れてリフト&フォールを繰り返しながら

足元までリトリーブしていきます。

 

094_2

(資料 「週刊つり太郎」http://www.turitalo.jp/)

 

ノーシンカーですので遠投は無理ですが、そこで強力な味方になるのが集魚灯です。

足元を照らし太刀魚を寄せますので遠投性がなく攻めることができます。

喰いが立つと表層で喰ってきますので、集魚灯で照らされた海面の中

捕食の瞬間を目で見ながら釣ることができますのでとてもエキサイティングです。

 

Dsc00215

 

今年の春太刀は、この「キビナゴルアー釣法」

みなさんも爆釣を体験してみませんか。

 

 

「ケミホタルカラーローテーション」

                                         

春の「キビナゴルアー」から夏~秋の「真夜中のワインド」まで

ずっと検証を続けてきました。

その結果、ある程度の状況による

基本的なカラーの使い方が判りましたのでご紹介したいと思います。

 

因みに、ルミコシリーズのパッケージが新しくなりました。

 

Lumikotop

Lumik1575x380

 

黄緑色(イエロー)

 

どんな状況でもこのカラーは太刀魚に対するアピール力は強いです。

だから最初にこのカラーから始めて下さい。

傾向として、使い始めの明るく発光している時にバイトが多発します。

反面、発光が弱くなりましたらバイトが減少しますので

その時はケチらず交換をお勧めします。

ただ、アピール力は強いですが、

反面このカラーに太刀魚がスレるのも早いです。

と、いうことでカラーチェンジの基本はまずは黄緑色から始めて下さい。

最初からレッドやオレンジを使ってもあまり効果を発揮できません。


赤色(レッド)

 

黄緑色を発光する生物はイカなどいろいろありますが

赤色を発光する生物はあまりいません。

だから私もこの色で太刀魚を釣った記憶がなかったのですが

あるものとと組み合わせると狂ったように

太刀魚がバイトしてくることに気がつきました。

それはグローのワームとの組み合わせです。

色としては黄緑色ですかね。

いままでの50~80本の大爆釣のときは必ずこのパターンでの使用でした。

しかもでかい太刀魚が喰ってくるようです。

でもまったく反応しない日も多いですので

何故太刀魚がこのパターンに突然狂喜乱舞するのか未だ解明できてません。

 

青色(ブルー)

 

一番水中透過性が高い発光色の為、

にごりがきつい時等に使うのが定番なのですが

今まで使ってみてあまり効果を得ていません。

集魚灯でブルーの光を使っている方を時々見ますが

集魚効果があるのでしょうけど釣果的にどうなのでしょうね。

私としてはもあまり見えすぎて太刀魚が警戒しているような気がしてなりません。

だからあまり使うことはありません。

 

桃色(ピンク)

 

このカラーの使うタイミングは、黄緑色(イエロー)にスレた時です。

黄緑色(イエロー)でバイトしてこなくなってこのカラーに代えた途端に

一発で喰ってきくる場面が数多くありました。

ただ、長続きしなくて反応は少しの間だけですね。

桃色(ピンク)で反応がなくなったら、

またすぐに黄緑色(イエロー)に代えることをお勧めします。

ちなみに、赤色(レッド)と同様にグローのワームに装着して使ってみましたが

太刀魚の反応はあまりよくなかったですね。

 

橙色(オレンジ)

 

このカラーも桃色(ピンク)と同じようなタイミングで使って下さい。

桃色(ピンク)よりは少し長く反応してくれます。

但し、普段は黄緑色(イエロー)から順々にカラーチェンジをしていくのですが

このカラーから始めて爆釣の時が何回かありましたので

今後このカラーの検証をしていくつもりです。

 

Dsc00570

 

今年は特にジギングでのメタルジャッカーでのカラーローテーションの効果を

引き続き検証していきたいと思っています。

 

    9vbeuuovjh41izq1445701810

タチウオハンター風来坊

チャンネル登録お願い致します。

 

頑張って太刀魚を釣り上げますので

応援お願い致します。happy01   

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

|
|

« 介護は共同作業! | トップページ | 待ってますよ春タチウオ!! »

釣り」カテゴリの記事

コメント

水中ライトを使っていたらシラスウナギ掬いと間違えられませんか?

投稿: 名無し | 2018年2月14日 (水) 17時52分

名無しさん
こんにちわ。

タチウオが居るところではシラスは全く居ませんので大丈夫ですよ。

でも、大○川の川○橋辺りでライトを照らすとヤバいです。

シラス漁は闇の部分がありますので関わらないのが無難です。

投稿: 風来坊 | 2018年2月15日 (木) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94096/66390025

この記事へのトラックバック一覧です: 春タチウオには「キビナゴルアー釣法」&「ケミホタルカラーローテーション」:

« 介護は共同作業! | トップページ | 待ってますよ春タチウオ!! »