« 第一陣夏タチウオ終了! | トップページ | ワインド釣法炸裂!? »

メタルジャッカーでの夏タチウオの釣り方。

ちょっと賑わいを見せてくれた乙津港の夏タチウオ。

 
指2から2本半の典型的な夏タチウオですが
 
その魚体に似合わずとてもエキサイティングな中りをしてくれます。
 

Img_3434

 

Dsc_0407

 
最初はワインドで攻めていたのですが
 
どうにも横の動きには余り反応しなくて
 
それではと縦の動きのジグに攻め方を変えたら
 
途端に喰ってくるようになりました。  
 

Dsc_0414

                                  
と、いうかワインドで届く距離にタチウオが来ないのですよ。
 
決まって夕方と朝、沖の70メートル以上の中層から表層を回遊してくるので
 
ジグじゃないと届きませんでした。
 
何故に岸に寄らないのか判りませんがそのパターンを判っている
 
ココアちゃんや地元の常連のアングラーにしか釣果がでませんでした。
 
みんなメタルジャッカー使用です。
 

Img_3370

                                           
40グラム以上の重たいジグで飛距離を出してみても
 
中層より上にいる場合がほとんどですので
 
ヒットゾーンを重たいジグでリトリーブするには分が悪く
 
20グラム~30グラムの比較的軽いジグで対処しました。
 
勿論、軽いジグで飛距離を出す為ラインは0.4号をチョイス
 
使用ジグは風が強い日や流れが速いときはタングステンのジグを使用しましたが
 
殆どがメタルジャッカー20gで釣り上げました。
 

Img_3354

 
ヒットカラーはブルーでしたね。
 
このカラーだと暗いときでも喰ってきました。
 
 
釣り方としてはまずメタルジャッカー20gをフルキャスト
 
最低でも70メートル以上は飛ばします。
 
着水後沈めてもカウント10くらいでそこから軽くしゃくっていきます。
 
他のジグとの大きな違いがケミホタルを装着しているため
 
タチウオに対してアピール力が違います。
 
タダ巻きでも光のウォブリングがタチウオの食い気を誘います。
 
とにかくことタチウオに関しては光っていれば必ず喰ってきます。
 
だからいらぬ技術など必要ありません。
 
メタルジャッカーが勝手にタチウオを釣ってくれます。
 
 
だけど激しくしゃくっても釣れますがほとんどがスレ掛かりになりますので
 
いかに喰わせて口に掛けるかに専念してください。
 
それが今後の自分のスキルアップとなります。
 
 
次回はなんとかワインドで釣果を出していきたいと思っています。 
 
 
 

2017年度タチウオ釣果                                

 8月       32本

通算      32本

                                                                                                    

 Ytbrandsitestandard

    9vbeuuovjh41izq1445701810

タチウオハンター風来坊

チャンネル登録お願い致します。

 

頑張って太刀魚を釣り上げますので

応援お願い致します。happy01   

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

|
|

« 第一陣夏タチウオ終了! | トップページ | ワインド釣法炸裂!? »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94096/65670878

この記事へのトラックバック一覧です: メタルジャッカーでの夏タチウオの釣り方。:

« 第一陣夏タチウオ終了! | トップページ | ワインド釣法炸裂!? »