« カラーチェンジの有効性。 | トップページ | 乙津港のタチウオ。 »

乙津港のタチウオ情報。

今、確実に何本かのタチウオが釣れるのが乙津港です。

但し、深夜のみで夕まづめ朝まづめ時には釣れませんので

この寒さに心してかからないと釣れません。

                                   

ここのタチウオの習性というか行動は、

多分幾らかの個体の群れ(指2本・3本・4本の混合)

湾内を回遊していると思われます。

対岸が滅茶苦茶明るいので集魚灯はあまり効果がありません。

広範囲にキャストして表層・中層・ボトム付近を探って下さい。

中層より上は指2本半~3本が喰ってきます。

中層より下は指4本のかなりサイズのいい個体が喰ってきますけど

なかなか口を使ってくれません。

大物狙いと言ってボトムばかり攻めてる方をみかけますが

すぐ場荒れしますしよくありません。

まずは表層から小さいサイズを狙ってどんな喰い方をするか感じ取って下さい。

この時期、数を釣りきらないとまぐれ以外に大物は釣れません。

いつも言ってるように数の向こうにドラゴンがいますので。

                                                                           

9月のお祭りの時は、朝の決まった時間にしか喰ってきませんでしたけど

それとよく似ている状況でその喰ってくる刹那的な時間の他は

まったく喰ってきませんので、中りが消えたら潔く諦めるのが

精神的にも肉体的にも宜しいようです。

時合が短いのでどう頑張っても二桁釣果は厳しいですが

いつ爆発するかの前兆はありますので

通っていれば必ずいい目に出会えると思います。

                               

で、

今のタチウオは夏タチと違い誰でも簡単に釣れるような個体ではありません。

ある程度のスキルがないと、

ちぇっ、居ないじゃん!で終わります。


釣り方の選択ですが、

餌を追いませんのでワインドでダートさせてもリアクションバイトは全くありません。

夕まづめ・朝まづめはまったく喰いませんのでメタルジグも投げるだけ無駄です。

深夜帯の満潮から下げの3時間、干潮からの上げの3時間の間に

不思議と喰ってくるようなのでこの時間帯の釣行をお勧めします。

きびなご脈釣りも、集魚灯を灯しても寄ってきませんし、

浮き釣りで流してもたとえ喰ったとしても甘噛みですのでフッキングは難しいです。

きびなごルアーも広範囲を攻められないから厳しいですね。

お勧めはテンヤや太刀魚ゲッターを使った引き釣りです。

これだと、生餌の強みと広範囲に探れますからヒットする確率が高いですね。

あとは、どうフッキングするかですが・・・

 

次回詳しくご説明致します。

 

とにかく、毎回1人グランプリの竿頭状態ですので

こぞってチャレンジして港の竿頭になって下さい。





   Ytbrandsitestandard

    9vbeuuovjh41izq1445701810

タチウオハンター風来坊

チャンネル登録お願い致します。

 

頑張って太刀魚を釣り上げますので

応援お願い致します。happy01   

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

|
|

« カラーチェンジの有効性。 | トップページ | 乙津港のタチウオ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94096/64541085

この記事へのトラックバック一覧です: 乙津港のタチウオ情報。:

« カラーチェンジの有効性。 | トップページ | 乙津港のタチウオ。 »