« 灼熱のキャンプは地獄のキャンプでした。 | トップページ | 土砂降りのイルカ島。 »

キャンプの後は気楽な車中泊へ!

この間の灼熱のキャンプで、かなりの体力を消耗した私ですが、

私がキャンプに行ってる最中、聞こえよがしにメールを送信してきた

釣りの相方さんと、車中泊で釣りに行ってきました。

キャンプと違って、車中泊の場合は、

すべて、オール イン カー で済ませますので気楽でいいです。

                                       

今回は、青物、ヤズ・カンパチ狙いで攻めてみました。

波頭入りは、午後7時過ぎ、

潮は、下りの中潮、べた凪で風は東風3メートルほどのグッドコンディションでした。

                                                     

Dsc06765

                                                                                                    

餌に、生き餌のアジを使うために、まずゼンゴ釣りです。

のべ竿で効率よく小アジを釣って、生かしバッカンの中へ、

コイツを針に付けて泳がせ釣りでヤズを狙います。

大物対応の為、道糸4号、ハリス4号で仕掛けを作りました。

                                         

午後10時過ぎ頃から、足下に、シーバス(スズキ)の群れが

小魚を追い回して回遊してきたのですが、ルアーで仕留めることができず、

いらだってる最中、泳がせ釣り用の竿が大きくしなり、合わせを入れると・・・

                                                     

Dsc06761

                                                 

久しぶりの大きなヒラメがあがってきました。

幸先の、うれしい外道に自然と気合が入ります。

持ってきたキンキンに冷えたビールを片手に(またかょー)

車内でくつろぎながら、早朝のヤズ・カンパチへの期待が高まっていきました。

                                                     

Dsc06762

                                                  

午前4時過ぎ、泳がせ釣り用の竿がまた、大きくしなり、合わせを入れた瞬間、

左に走り出し、すぐさまドラッグを緩めて糸を出して走らせ、

走りが止まってから鬼のように、でも慎重に糸を巻いて引き寄せていたら、

再度の突っ込みで痛恨のハリス切れsweat01ハリス4号なのに・・・

                                                                                                    

Dsc06772

                                                   

朝焼けに呆然と佇む私でありました。

でも、まだまだチャンスはあると思い、

今度は、道糸をナイロン4号からPE3号に代えて、

ハリスは6号を使い再度チャレンジです。

                                                    

Dsc06773_2

                                              

あきらめない心は大切ですね。

午前7時過ぎ、またもや竿が大きくしなり、今度は竿ごと持っていかれました。

でも大丈夫、固定ロープを今回はちゃんとしてましたので、

この間の過ちは二度と繰り返しません。

竿を手繰り寄せて、巻こうとしたら、えらいいきよいで走られまして、

あわててドラッグを緩めたのですが、

竿を立てようにも立てないほどのパワーで走り始めました。

あきらかに今までとは違います。

途中、何度も竿を立てて巻きに入ろうとしたのですが、

その度ものすごい引きでのされてしまって、

かっていままで経験したことのない引きに戸惑っていました。

やりとりは20分は経過してましたが、周りはいつのまにかギャラリー

続々と集まってきてました。

そりゃそうですね。

あれだけ派手に竿がこの字になっても、のされている私を見たら

どんな魚がかかったんだと集まってくるのは仕方がないです。

でも、私は心の中では、

                                         

くるな!くるな!こっちへこないでよぉ~

                                  

と念じていました。

実はこの魚の正体を途中から私は気がついていたんです。

                                                                                 

道糸はPE3号150メートル巻いていましたが、残りわずかとなり、

やっと走りが止まり、ここで一気に50メートルほど引き寄せたのですが

私の身体ごと持っていくほどのパワーで再び走り出し

なんとか止めて力比べの状態となりました。

ここで、ある常連さんがポツリと・・・

                                                         

                                                               

                                             

                              

                           

                                             

こりゃぁ、エイとちゃうか?

                                             

禁断のひと言が解放されました。

                            

そ、そ、そうみたいですね。sweat01

                      

そして、釣り人には酷な言葉のこだまが耳に突き刺さってきます。

                                                                                                         

なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか!

なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか!

なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか!

なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか!

なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか!

なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか! なんだエイか!

                                                                                 

なんだボラか!に匹敵するほどの釣り人の心を折る言葉ですね。

                                                    

かかった瞬間は、頭の中はヤズ・カンパチの青物しかなかったものですから、

                                                                                              

こりゃぁ~すげぇー

ブリサイズの青物が食ってきたぞ!

                                                                      

と思っていました。

でも、やりとりしているとコイツは右や左に行くわけもなく、

ただひたすら猪突猛進でまっすぐと走るんですよ。

青物じゃありえないですよねぇ~

そして座布団のような引きの重さ・・・確信しましたね。

コイツはエイだ!と。

                               

口火を食った常連さんが言わなきゃいいのに、

                                 

こりゃぁ、エイでも赤エイと言ってなぁ、

底狙いをすると食ってくるんじゃわい!

そしてのう・・・

                                                             

と講釈を垂れだしてもんだから、

蜘蛛の巣が散るようにギャラリーは消えていってしまいました。

                                                  

このままラインごと持っていかれるのもしゃくでしたので、

切ろうと思い、ラインを手に巻いて引張ったのですが、

PEラインの凄さというか、なかなか切れないんですよ。

ラインを持ったまま綱引きみたいに後ずさりして

やっとラインだけは回収することができました。

まぁ、外道中の外道でしたけど、釣りの醍醐味を楽しませてくれましたから

エイさん、ありがとうと言っときます。(笑)

                                                                                                   

持ち帰ったヒラメは約45㎝程で十分家族分の刺身が取れる大きさでした。

                                                    

Dsc06776

                                                 

料亭みたいな薄きりは無理よ~

                                            

と、ぶつぶつ言いながらも鬼嫁さんがさばいてくれました。

                                                   

Dsc06780

                                                                                                            

いいか!

ヒラメの刺身なんて滅多に食べられないんだぞ。

お父さんに感謝しながら食べなさい!

                                                 

と、十分に娘達に言い聞かせて餌を与えました。(笑)

                                                                                                         

Dsc06783

                                                                                                

刺身お吸い物に跡形残らず供養させていただきました。

いやぁ~、久しぶりに釣りを堪能した車中泊でした。

                                         

                     さぁ!次はイルカ島だぁー

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

頑張った親父に応援ポチお願い致します。

|
|

« 灼熱のキャンプは地獄のキャンプでした。 | トップページ | 土砂降りのイルカ島。 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

私は釣りをしないのですが、読んでて面白そうだな~やってみようかな~と思いました!
ヒラメの刺身ご馳走ですね^^
肝とえんがわまで舌の肥えた五姉妹ちゃんですね^0^

投稿: 星空 | 2011年8月19日 (金) 19時58分

星空さん
こんばんわ。

釣りをしながら車中泊って、とっても楽しいですよ。
手洗いができ、トイレがあれば大丈夫です。

ヒラメはやっぱりヒラメでした。
サイコーな味ですね。
肝もえんがわもサイコーです。
もう一度、今度は本命で釣ってみたいです。

投稿: 風来坊 | 2011年8月20日 (土) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94096/52505514

この記事へのトラックバック一覧です: キャンプの後は気楽な車中泊へ!:

« 灼熱のキャンプは地獄のキャンプでした。 | トップページ | 土砂降りのイルカ島。 »