« 2009年のアウトドア日記 | トップページ | 旅に出ようよ~ »

風来坊の懺悔!

小さい頃から、バイクが好きで、

仮面ライダーのサイクロン号に憧れ、

きくなったら絶対バイクに乗るんだと

言い聞かせ幼年期を過ごしてきた。

                                 

中学生の頃は、

吉田拓郎、井上陽水、かぐや姫に狂い

フォークギターを片手に女の子の家に行き

ジャンジャカ弾いて、拙い歌を聞かせ、

なんとかものにしようとしたが、悲しいかな、

彼女は野口五郎のファンだった。

                      

高校1年の時、免許制度が変わり、

小型・中型・大型の3段階になるということなので、

その前に自動2輪免許を取ろうと試験場へいったら、

先生が待ち伏せしてて、あえなく御用!

                   

猪木とアリの異種格闘技戦で、

どちらが勝つか一口500円で賭けをし、

けに参加した奴が、

先生にも一口どうですかと誘ったものだから、

バレて、坊主になる。

                  

こりもせず、中型免許を取り、

友人のバイクを乗り回すImg209_2

                              

                           

                         

親にも内緒だから、

ましてバイクを買う金もなく、

必然的にこうゆうことになる。

CBFXXJ・・・といろいろ乗った、

この頃アメリカンブームで、

並列3気筒、4気筒の

エンジンを積んだチョッパーが巷に溢れかえる。

後ろに人を乗せると、ハンドルが極端に軽くなり、

すぐにアメリカンでもウィリーする

そんなバイクがほとんどだった。

                              

大学へ進学の為、千葉の市川へ移住。

都会の華やかさに浮かれつつ授業には出ず、

バイク購入の為にせっせとバイトに励む。

念願の中古のバイク ヤマハRZ250を購入し、

そのピーキーさに感激しながらも、

町乗りの乗りにくさにグッタリしていた。

しかし、このバイクはすごかった。

7000回転からの暴力的な加速は病み付きとなり、

いつもぶっ飛ばして走っていた。

そもそもこいつを買ったのがいけなかった。

あとあと悲惨な結末が待っていようとは思いもしなかった。

                      

ある日、友人のヤマハXS750のバイクに乗り、

そのトルク、音などに痺れ、

(並列3気筒であったが、ホンといい音してた)

大型のバイクが乗りたくなった。ということで限定解除へ。

高校の時先生がいなければ

限定なしの自動二輪免許だったのに~

と思いつつ、10回ほどで習得。

さて、どのバイクを買おうかと思案中、

一寸峠に行こうと、成田までツーリング中、

やっこだこのRGガンマに遭遇し、バトル開始・・・

田舎道に直線、メーターの針は〇〇〇キロを指してる・・・

痺れるぜ!負けてたまるかこのやろうと熱くなるRZ・・

スピードに陶酔し、かすむ目の前方に

赤い旗をもった男が立ちはだかった。

「危ないじゃないか」と思う反面、サーと血の気が引いた。

今でも覚えてるあのおまわりさんの言葉・・・

「あんた、一等賞~ すごいよ、はい免許証だして」

「はぁ~あんた限定解除してるの、

え、前歴2回、あんた今度は免許解除だよ」

                         

数ヵ月後、裁判所の部屋の机の上で

「あのおまわりさん、うまいこと言うなぁ」

と思い出し笑いしている自分がいた。

こうして、大型バイクを所有することなく、

10代のバイク人生が幕を閉じたのであった・・・Img212

                            

                                  

                                    

                              

                                    

                              

                              

                                       

                  

年を取ると、10代の頃

ホンと遥か彼方の出来事だったように感じます。

なんにでも可能性を信じていた頃・・・

あの頃のように博打・女・喧嘩等、悪事はしなくなったし、

今じゃ真面目に更生している自分を誇りに思いつつ、

せめて、過去の出来事にささやかな懺悔を。

                         

                          

                          

・・・と言いつつ、

別の意味で悪事を働いている風来坊でした。

ぇへ、だってぇ-買っちゃったんだもん~

                   

                      

懺悔

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

|

« 2009年のアウトドア日記 | トップページ | 旅に出ようよ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは風来坊さん

僕も乗ってましたよ^^
RZ250
あの当時は本当に凄いバイクでしたね
僕は峠で廃車にしました(ノ_<。)グスンッ

警官もユーモアたっぷりでしたね
今と違ってもっとユルイ関係だった様に思いますね

さて何を懺悔されてるのかな?
楽しみです

また遊びに来ますね^^

投稿: Coo | 2010.01.16 17:50

Cooさん
こんばんわ。

RZ250 レーサーレプリカの走りでしたね。
初期型でしたので、ピーキーで取扱いが大変でした。振動もすごかったし、回転に乗せるのに苦労した思い出があります。

写真(ヤマハXJ)の後ろのバイクはホンダVTインテグラです。このバイクもカルチャーショックを受けましたね。RZと対極をいくバイクで、乗りやすく、スピード感が希薄で、しかしコーナーなどスィッと曲がるし、タイトなコーナーの峠では追いつけなかったですね。

ちなみに違反は65キロオーバー、前歴2回で
即、家裁いきでした。
1年の免許取り消し、罰金もすごかったです。
こんな私でも、今じゃゴールド免許、
若気のいたり、よい学習になりました。


投稿: 風来坊 | 2010.01.16 20:26

風来坊さん

うーん、文面をみるだけで当時の情景が
思い浮かびますね。

CBにガンマ、懐かしい響きです。
実際の僕は1世代下かな?
乗っていたのはNC30。
ミーハーなバイクでしたがそのトルクで
1速で100kmくらいまで引っ張れるスタートは
まわりのヤンチャな方々では太刀打ちできないようでした。
(僕の腕ではなくバイクの性能だけです ha!)

もう中型以上にお跨らなくなって20年くらい経ちますが
老後の楽しみとして限定解除だけはしています。
(試験場は風来坊さんと同じところと想像してます)

いつかご一緒できるといいですね。

投稿: フリー太” | 2010.01.18 10:37

フリー太”さん

NC30といえばVFRの方でしたっけ、私の時代はVFで、VTとXJでつるんで走っていました。
フロント16インチのコーナーリングは素晴らしかったですね。

アメリカンブームがきて、NVとか、XSとかありましたけど、あの当時ゾクときたバイクがホンダGLです。ウィングって呼んでましたっけ、縦置V型2気筒でシャフトでしたね。
でっかくて、エンジンは横に飛び出していて走らないけど乗ってて楽しいバイクでした。
吹かすたびに車体が左右に振るえるのも味がありましたね。
それにカワサキのKH,いわゆる「じゃじゃ馬マッハ」ですね。250CCの方でしたけど2スト3気筒、友人にボロボロのKHを譲ってもらったのですが、止まらない、曲がらない、を身上とした猪突猛進型のバイクでしたね。(笑)
すぐカブって山奥から押して帰ったつらい思い出があります。
あ~バイク談義すると少年の頃がなつかしいです。
いままで乗ってきたバイク、すべて買い戻したいです。

投稿: 風来坊 | 2010.01.18 15:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風来坊の懺悔!:

« 2009年のアウトドア日記 | トップページ | 旅に出ようよ~ »